腰痛の原因や症状を解決するコツを紹介しています。ストレッチ、マッサージ、整体、コルセット、クッション…いろいろ試してもなかなか良くならない腰痛。なぜか腰痛になってしまう…本当の原因はどこに?
<< マットレスをかえるだけで腰痛軽減 | main | 腰痛予防・改善・対策 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
温湿布と冷湿布

温湿布と冷湿布


腰や肩のこりや痛み、または怪我をした時に湿布はよく用いられます。
病院でももらえますし、薬局でも手軽に安く購入することができます。

湿布には冷湿布と温湿布があり、使い方も違います。

【温湿布】トウガラシ成分配合

慢性的な肩こりや頭痛、腰痛の場合などには温湿布がいいです。
温湿布とは温かさを感じる成分が入ってますので
慢性的な血行不良によるコリの患部を温めることにより
血行の流れをよくし、痛みを和らげます。


【冷湿布】メントールなどの冷やし成分配合

一方、冷湿布は突然・急激な痛み、腫れによる
炎症の熱を下げることに用いられます。


突然痛み出す腰痛や肩こりなどは、
筋肉の深部に炎症が生じてることがあるため患部に熱をもっていることがあります。
冷湿布にはメントールやアルコールなどの揮発しやすい成分が配合されているため
それらが気化する際に患部の熱を逃がしてくれます。
そのため、そういう痛みや腫れ・コリの患部に貼ることにより痛みを和らげることができるのです。

このように温湿布と冷湿布の使用方法は違いますので
ご使用の際は注意して下さい。
あと、温湿布・冷湿布のどちらも長時間の張りっぱなしは皮膚の負担となり
よくありませんので、なるべく避けるようにして下さい。

もしどちらを使用していいかわからないような炎症の時は
どちらを使われても問題ないと思いますが、無難なのはまず最初に冷湿布です。

そして冷湿布をご使用後、余計に痛みだした時は温湿布に変えてみて下さい。






| 腰痛治療 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 11:02 | - | - |
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL

http://demi1211.jugem.jp/trackback/35
体に優しい腰痛克服法
竹宮式 手・足ツボ10分腰痛克服法
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
相互リンク
SEARCH THIS SITE
OTHER
  • 管理ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Design by neko